2008-01-29

External PCI-Express ストレージシステム

新たなるDAS(Direct Storage System)の幕開けとなる新製品「NA-332Aシリーズ」「NA-322Aシリーズ」が発表されました。

マルチレーン技術にて飛躍的にRAIDサブシステム構築の自由度が増しましたが、External PCI-Expressはそれを更に進化させます。

製品の正式販売は2月下旬からを予定していますが、これから1号機のベンチマークテストや構築例などを随時レポートしていきたいと思います。

製品情報は下記リンク参照
http://www.maxserve.co.jp/storage/PCIe-RAID.html

2008-01-18

ストレージ新製品情報



ウェブサイトの方で既にバナーを貼ってあるのでお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、一応告知を。
今月中に全く新しい構成のシステムを発売します。
詳細は後日リリースしますのでお楽しみに・・・。

2008-01-16

RocketRAID3510

HighPointTechnologiesからRocketRAIDの最新モデルが登場します。
商品名は「RocketRAID3510」
内部miniSASポートを1つ持った4chのRAIDカードです。
特徴は以下の通り。
  • Intel IOP80341搭載
  • PCI-Express(x8)
  • 256MB ECC-DDR2メモリ搭載
  • 内部miniSASコネクタ(x1)
  • RAID0,1,5,6,10をサポート
などとなっております。
対応OSはWindowsの他、Linux、FreeBSD、勿論MacOSXにも対応します。
RocketRAID3000シリーズが持つ特徴「TerabyteStream」テクノロジで、かなり高性能なパフォーマンスを発揮するカードです。
※弊社への入荷は来週を予定しています。

2008-01-08

明けましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は数多くのご愛顧を賜り、誠に有り難うございました。
本年も何卒ProShopMAXSERVEを宜しくお願い申し上げます。

---------

という訳で2008年がスタートした訳ですが、今年も色々と新製品をお届けして参りたいと思います。

まずはストレージ関連
昨年は一昨年に引き続き4Bayのマルチレーンエンクロージャ「NA-750A」が数多く売れましたが、去年後半くらいからは8Bayの「NS-760S」が多く出るようになりました。
HDDの単価下落や扱うデータ容量の増大が一因かも知れませんね。
それと同じ容量ならHDDの玉数を増やした方がスピードが上がるので、そのせいもあるかも知れません。
例えば4TBのストレージを組みたい場合、1TBのディスクを4発用意するのと、500GBのディスクを8発用意するのでは、後者の方が速度が速い訳です。しかも500GBのディスクは現在一番GB単価が低いので、コストパフォーマンスにも優れる事になります。

また最近はラックマウントストレージの需要も増えてきました。
弊社でも「NA-331A」や「NA-341A」が数多く販売されています。
ラックマウントストレージとしては相対的に安価なエンクロージャとHDDを用意し、サーバにダイレクト接続することに依ってパフォーマンスを保ちつつ、かつ大容量のストレージ空間を用意するという目的に合致する為でしょうね。大容量NAS等の大げさなストレージを何百万もかけて用意するよりは、ダイレクトストレージを構築する方が遥かに安価な訳です。10数テラバイト程度までなら(ストレージだけで)100万円以下で構築出来ますよ。接続したサーバをNASサーバにすれば良い訳ですからね。
NASのヘッドにはXserveもオススメ。Xserveを1台購入してそれに上記のラックマウントを繋げれば、あっという間にNASの構築ですよ。MacOSX serverのUnlimitedクライアントライセンス付いてきますしね。

ネットワーク関連
今年こそは10GbEの製品を・・・。
その前にスイッチも普及してくれないことにはどうにもなりませんね。スイッチが先かHBAが先か・・・。
なかなか難しい問題です。
まぁこのネタはまた時期を見て・・・。