2008-10-30

MacBookにSSDを載せ換え

新しいAppleのMacBookを購入しました。
安い方のモデルですがCPUも少ししか違わないですし、バックライト付きキーボードもさほど必要としなかったので(でもちょっと羨ましい...)、2.0GHzモデルの方にしましたが、それと同時にIntelのSSDも購入してきました。
やはりストレージ屋としてはSSDは一回使っておけ、という事で。


IntelのSSDはReadが240MB/s、Writeが70MB/sと特に読み込みが高速なので、実使用でのレスポンス向上が期待出来ると思い、換装することにしました。
MacBookを開封後、すぐにHDDを交換。やり方はウェブに沢山作業方法がアップされていると思いますが、非常に簡単です。

その後OSXをインストールし完了。
再起動してみると・・・
何か起動がエラい速いような気がします。iPod Touchについているストップウォッチで測ってみると大体25秒くらい。
その後アレコレインストールしてから本来の目的であるベンチマークを測ってみました。
で結果は以下の通りです。あれこれインストールしてしまった後だからでしょうか。ちょっとシーケンシャルリードが遅いような気がしなくもありません。
ただ体感はこれまで使っているiMacと比較すると大幅にアップしたように感じます。
アプリケーションを立ち上げる、ファイルをブラウズする、その他読み込みに関係する操作にストレスを感じなくなりました。これだけでも買ってよかった・・・。
惜しむらくはSSDの価格がまだ高いということと、容量がちょっと少ないかなーという所ですね。
80GBだと例えばBootCampでWindowsも入れたりすると、結構すぐに容量がきつくなってくるような気がします。
まぁ来年の今頃には100GB以上にSSDが当たり前になってたりするんでしょうね。
その頃にまた載せ換えを考えたいと思います(笑

0 件のコメント: