2008-11-06

MacBook スリープに失敗?

購入から10日程経過したMacBookですが、実使用は非常に快適です。
Intel SSDにしたことにより、色々な作業のレスポンスが良くなり、一番ストレスを感じる(例えばファイルをブラウズしたり、openしたり、アプリケーションのインストール、また再起動等をしたり)作業が苦にならなくなりました。
キーボードのタッチも以前使っていたMacBookPro(Early2008)よりもしっかりとしたタッチになり、個人的にはかなり打ちやすくなったように感じます。
液晶については・・・まぁ良しとしましょう。

と、ここまでは良いのですが現在問題が1点。
それはスリープの挙動がオカシイということです。
スリープして持ち出し後、外出先で使おうと思ってバッグから取り出すと既にバッテリーをかなり消費したりしています。(半分以下のなっていたりする)
どうもスリープした後に持ち運び中スリープが解除されているような感じです。
本家ディスカッションボードでもかなりの長いスレッドになって問題になっている様子。
一体どうしたものか、と悩んでいましたがその投稿の中に「ディープスリープさせればOK」という書き込みと共にワンクリックでディープスリープさせるウィジェットが載せられていました。

「DeepSleep」
http://www.apple.com/downloads/dashboard/status/deepsleep.html

このウィジェットは以下の3つのスリープモードを設定で切り替えられます。
使い方は簡単。ウィジェットを出してクリックするだけです。
Macの通常のスリープモードはクイックなんでしょうけども、それだと前述のように失敗しているようなので、ディープスリープモードにして帰宅してみました。(当然充電は100%の状態にして)
夕食を食べたり風呂に入った後、おそるおそるスイッチをON。
約20秒程の後画面が復活。バッテリーの残りは・・・「99%」
成功です。やはりディープスリープモードだと持ち運んでもスリープは解除されていないようです。

うーん、但し復帰に20秒程かかるのでちょっと待たされる感じがあります。普通のスリープだと数秒なんですが、この差は割とあります。まぁバッテリーの減りが少ないのは精神衛生上良い事だなと思い、ディープスリープさせるようにします・・・。

・Quick Sleep

 スリープへの移行時間、復帰時間ともに最速
 メモリに状態を保存

・Safe sleep
 スリープへの移行は若干遅い
 ハードディスクとメモリに状態を保存

・Deep sleep
 スリープへの移行と復帰が最も遅い
 ハードディスクに状態を保存
 電力を消費が極少

0 件のコメント: