2009-01-28

マルチレーン接続の長さについて

マルチレーン接続をされているユーザーの方々はケーブル長を気にされた事がありますでしょうか。
ここ最近続けて何件かこれに関連すると思われるサポートを受けました。

マルチレーンと言えども機器間の接続ケーブル長は使用するホストバスアダプタやハードディスクの規格に影響を受けます。
通常SATAディスクを使う場合は外部接続長は2mとなっています。
SATAは信号のやりとりが割とマージンが少なく2mを越えると大概信号をロスして認識しなくなったりします。(SASはかなりマージンが高く規格上7mですが某ラボ内では15mまでOKだったという話を聞いたことがあります)

最近受けたサポートの中で何件が同じような話が有ったのですが、それはHDDデバイスが個別に見えなくなったりアレイメンバから消えたりするというものです。
詳細に聞いてみるとそれらが全て似たような構成でした。

[PC--RAIDカード(内部ポート)--内部miniSASケーブル--変換ブラケット]<--外部miniSAS(2m)-->[エンクロージャ]

ここで問題となるのが「内部miniSASケーブル+外部miniSASケーブル」合計の長さです。

(12ch以上の)多ポートを持つRAIDカードには大概内部miniSASケーブルが付属しています。
そしてそれの長さは70cmから1mの物だったりします。
これと外部miniSAS(2m)のケーブルを繋いで接続すると3m近い長さになります。
繋げるエンクロージャをPCケースか何かで自作されていてSATAケーブルを引き回していたりすると更に総延長は延びます。

3m程度の長さになると大体HDDがアレイからロストし始めます。これを防ぐ為には外部miniSASケーブルか内部miniSASケーブルを短くするしかありません。
どうしても外部は2mくらい欲しい、という場合にはせめて内部miniSASケーブルを短いものにしましょう。
弊社では最短23cmの内部miniSASケーブルを販売しておりますので是非ご活用ください。


0 件のコメント: