2009-10-28

Light Peakは高速インターフェースの救世主となりえるか(2)

少し間が空きましたが前回の続きです。

IDFでも発表時いち早くソニーはLightPeakを支持するコメントを出し、将来発売するPCに搭載していくと表明しましたね。
また発表後すぐに各種サプライヤーはLightPeak対応の機器のリリースを出しました。
Ensphere Solutionsのトランシーバは非常に小型で驚いたが、なんと価格は10ドル以下だという。
これなら物理的にもコスト的にもノートPCに載せるのは不可能では無いと思う。

LightPeakはあらゆるプロトコルを流すことが出来る、という触れ込みです。
IntelはUSB3.0ではなくLightPeakを拡張機器との接続方式にしたいようだが、私が思うところUSBより存在が脅かされるのはFibreChannelでは無いかと思う。
LightPeakはファブリックやFC-ALとほぼ同じような事が出来るからです。(LightPeakスイッチが出るかどうかはまた別問題ですが)

FibreChannelの場合最長10kmにも及ぶケーブル長が最大のメリットだが、それ以外はLightPeakの方のメリットが目立つように思えます。
LihgtPeakの速度は(実測値は別として)スタートから10Gbps。これに対してFCは現時点で4Gbpsが主流で8Gbps対応の製品もチラホラ出てきてはいるがまだこれから。
価格的にも圧倒的にLightPeakの方が安価だろうと思う。

果たしてこのLightPeakが「カジュアルな」SANとして普及するかどうかは、まだ製品も何もリリースされてない時点では何とも言えないがAppleと共同開発をし、恐らく次期MacProにも搭載され来年にもコントローラ製品がリリースされることを考えると、あながちFCもうかうかしていられないような気がします。

いずれにせよ来年の今頃には確実にLightPeakの製品(コントローラ)はリリースされているはずです。
今から楽しみですねぇ。

1 件のコメント:

masaru1201 さんのコメント...

ですね〜発表と出荷開始のタイミングを聞いて、私たちもちょっと期待しています。