2009-12-17

MacでiSCSIを使ってみる (4)

今回用意したクライアントはiMac。
iSCSIの良い点として『LANに繋がってさえいれば良い』という事でしょう。
特にiMacは外部拡張ポートがUSBか、Firewireしかありません。またMacBookに至っては17inchモデルを除いてFirewire800ポートも撤廃されてしまいました。
そんな中で大容量のストレージを認識させたい!と言ったときにUSB2.0しか選択肢が無いわけです。
とまぁそんなことは後にして結果を見ていきましょう。

いつもの通りベンチマークに使用したアプリは「AJA KONA SystemTest」です。
まずはiMac搭載のローカルHDDから。

まぁ可もなく不可もなくという所でしょう。至って普通の数値です。一体型のデスクトップPCについてるHDDなんて大体こんなモンでしょう。
見てみると所どころ30MB/sを割っている所がありますね。映像用途で使う際に非圧縮は当然無理としても圧縮コーデックでもちょっと心許ない数値です。
MacBookであれば、2.5inchのHDDなので数値的にはもう少し低いでしょう。
ちなみにUSBだとこの更に半分くらいの数値だと思われます。(USB2.0の限界値ですね)

次にiSCSIで接続したHDDです。
 
どうでしょうか。
ローカルのHDDと比較して書き込みで20%程、読み込みで倍くらいの速度upが出来ました。特に読み込みが約70MB/sを割っていない点が素晴らしいですね。
これはiSCSIのターゲットを構築したサーバ側のメモリがキャッシュ効果になっているから、というメリットでもあります。

以上のように、iSCSIを使ってストレージを構築することは、今全く難しいことではありません。ほんの少し作業が必要ですがそれも別にコマンドを打つ事も無く、Linuxでサーバを立ててコマンドを駆使して・・・なんていうことをしなくても良いのです。

また今話題の仮想化に対してもiSCSIソリューションは非常に有用です。大きなストレージプールを作っておいて必要な分だけiSCSIで分けていけば良いわけですからね。

というわけで今回はこの辺で。
是非デモ版を試して頂いて「2TBじゃあちょっと足りないなー」ですとか「NICが複数ポートあるからTeamingして帯域増やしてみたいなー」という時になりましたら是非製品版をご検討ください。
デモ版のLiteと製品版の機能の違いはこちらを参照のこと。
製品版Open-eはこちら

0 件のコメント: