2016-10-19

ArecaのストレージでRAIDが壊れた場合

ArecaのRAIDカードやコントローラが搭載されたRAIDエンクロージャー(NA-762TB等)を使用していてRAIDがfailになった場合、ちゃんとホットスペアを割り当てていたり、詳しい情報システムの管理者が居たりすればリビルドも無難に始まり、しばらく放置しておけば何事も無く再び安全にデータの読み書きが出来るようになります。

ただし管理者が居なかったり(つまりは詳しい人が誰もいない)、真夜中にアレイがfailになってどこにも聞く所がなかったりした場合、冷静な人であれば良いのですが中にはパニクってしまう方も居ます。

そしてこうした場合には往々にしてホットスペアが割り当てられていなかったり、予備のHDDを用意していなかったりします・・・。マーフィーの法則ですね。。

※HDDの予備が無い場合は夜が明けてPCショップにHDDを買いに走るまではどうにもなりません。RAID6で運用していればまだマシですがRAID5の場合はRAID0状態までデグレードするのでなるべく触らないようにしておいた方が良いでしょう。

で、例えばHDDを新品に交換してもリビルドが始まらない!とかそもそもどのHDDが故障しているのか分からない!とかまぁ色々なケースに遭遇する訳ですが、そういう場合はとにかくArecaの管理画面にログインしないと話が始まりません。

ちゃんとログインIDとPasswordをどこかにメモっておいていれば良いのですが、そういうケースはごく稀です。マニュアルをよく見ると書かれているのですが、パニクってる人は一体マニュアルの何処に書いてあるのか分からないでしょうし(そういうマニュアルもどうよ?って話もありますが)、そもそもマニュアル自体が不明になってる場合もあります。(これもWebからダウンロード出来るのですが)

肝心のArecaの管理画面はウェブブラウザから「http://localhost:81」とすると出てきます。

初期のログインIDとパスワードはArecaの場合、IDは「admin」、パスワードは「0000」です(数字のゼロ4つ)。

無事ログイン出来た場合、まず左側のツリー状のメニューから「Information」->「RAID Set Hierarchy」を押してRAIDの状態を確認してみましょう。どのデバイスが壊れているか(Failedとなっているはずです)分かると思います。

故障しているHDDのスロットが分かれば新品のHDDと交換します。少々待つとリビルドが開始されるはずなのですが、何らかの原因でリビルドが始まらない場合、次の作業をおこなってみてください。

「RAID Set Functions」->「Create Hot Spare」から新しいHDDを挿入したスロットを選択してホットスペアに割り当て。

先程のRAID Set HierarchyからRAIDのステータスが確認出来、ちゃんとリビルドが働き始めれば何%完了したかが表示されます。

リビルド中はなるべくアレイにアクセスするのはやめましょう。これは経験則からですが1台ハードディスクが壊れたRAIDアレイは続けてもう1台ハードディスクが壊れるケースがたまにあります。(ま、あくまで確率の問題なので偶然だとは思いますが)
アクセスしたりするとリビルドの完了が遅れる=クリティカルな状況が続くという事なので、RAIDには早くリビルドを完了してもらうようにしましょう。そして予備のハードディスクを割り当ててしまったら、再度新しい予備のハードディスクを購入するのを忘れないように・・・

0 件のコメント: