2016-12-07

HGST製600TBストレージシステム販売開始しました

HGST製の大容量ストレージシステム「4U60-60」の販売を開始しました。
4UラックマウントエンクロージャにSAS/SATAハードディスクが60台装填可能です。

こちらの製品はHGST製のエンタープライズ向けHDDが組み込まれて出荷されます。
(※エンクロージャ単体の販売はありません)
トップローディング方式のHDDトレイ
 

搭載HDDは10TB/8TB/6TB/4TBモデルをご用意しております。
10TBはヘリウム充填モデルとなっていますが、ヘリウムガスを封入することによって高耐久性・低消費電力・高密度化に成功しています。
また、全てUltrastarのエンタープライズ向けHDDが搭載されますので、RAIDカードとの相性問題も発生しにくくなっています。(詳しくはコンパチブルリストを参照)
エンクロージャーとホストPCとの接続はSAS-HBAを介してminiSAS-HD <-->SAS SFP+ケーブルで接続可能です。(ケーブルは別売)

一般的な42Uラックに10台納めた場合、最大で6PBのストレージを構築することが出来ますので、超高密度なストレージシステムを構築出来ますね。
エンタープライズ向けHDDを搭載しているということもあり、ハードウェアを含めて製品の保証期間は5年となっています。これだけ長期保証が付属していれば安心ではないでしょうか。

構成についてですが一般的なRAIDカードは1アレイで構成出来るHDD数に制限があるので、60台のHDDを一発でRAIDを組むことはほぼ出来ません。
(参考URL)
http://ask-jp.adaptec.com/app/answers/detail/a_id/17254/kw/17254
ですのでRAIDカードを使用する場合は例えば30台でRAID6アレイを2つ組む等の作業になります。
ちなみにRAID機能が無いSASカードの場合はこうした制限が無いので、単発のHDDとして全て認識してOS側でソフトウェアRAIDを組むか、OpenIndiana等のディストリビューションを用意してZFSで構築するという手もあります。
コンパチブルリスト
最小構成の96TBモデル(148万円)から最大構成の600TBモデル(520万円)まで9種類の構成パターンをご用意しております。お気軽にinfo@maxserve.co.jpまでお問い合わせ下さいませ!

製品の詳しい情報はこちら